昭和軽金属工業 株式会社

アルミ加工でお困りならお気軽にご相談ください

HOME»  インパクト加工

インパクト加工

インパクト加工=ネットシェイプ加工

 

インパクト加工は冷間鍛造の一種で、衝撃押し出し加工と言われています。強い圧力で、アルミの塊(スラグと言います)を押し叩き、成型する加工法です。注目のネットシェイプ加工の一種でもあります。
設計の自由度やコスト削減など様々な利点もありますので、是非ご検討下さい。

用語解説=ネットシェイプ
素材が最終製品となるまでに、通常は何回かの加工工程を経る。しかし、加工法によっては、一度の加工工程で最終製品に仕上げることができる。このように、一度で最終製品となる形状を付与する加工法のことをネットシェイプ加工と言う。
生産のスピードアップやコスト低減のほか、省資源・省エネルギーにも貢献するため、さまざまな業界が注目しています。

 

金属加工選択図

 

インパクト加工の長所・短所一覧

  インパクト加工 板絞り加工
金型費 絞り部分 1面でOK 絞り限界比があるため、深くなればなるほど金型面数が必要
工程数 絞り部分 1回分のコスト 絞り限界比による工程数必要
肉厚 底厚や壁厚が任意に設定可能/肉厚差を設定可能 肉厚は母材により決定/仕上がり肉厚の設定が困難
コーナーR形状 コーナーR形状/内R0.5以下可能 材料破れ防止のためのコーナーR必要(小さくするには工程必要)
底部形状 1回でチョボだし、刻印、変形可能 肉厚が変わるものは、別加工必要
側面形状 押し出し材の様な断面形状可能/ビード、溝 別工程にて加工必要
材料 スラグと呼ばれるアルミ塊使用/加工前スラグ製作必要
アルミの適用材限定される
板材なので、いろいろな材料有り
在庫品がある場合が多いので、少ロットでも対応が可能
大きさ 底面積が小さいものに限定 大きさには限定されずに製作できる

 

インパクトプレスを利用してコスト+性能を付加した例

  改善前 改善点 効果
1 押し出し材に溶接にて底を付けていた。 側面のビード等は残しながら、一体成形を実現。
溶接レスにした。
コストダウン
※溶接費・仕上げ費
  水密性UP・美観UP
2 スポット溶接にて金具を付けていた。 側面のビード等は残しながら一体成形を実現。
溶接レスにした。
生産性UP・コストダウン
接合強度UP
※密封性保ちながら
3 部分的に肉厚必要だが板加工のため叶わず、余分に材料を使用していた。
又は切削加工を追加していた。
インパクトの特長を生かし、底厚と壁厚とに差を設けた。 材料費ダウン
加工費ダウン
単体重量ダウン
4 押し出しや引抜きでは薄すぎて出来ない形状で困っていた。又は薄くしたいと考えていた。 大きさや形状によるが、T=0.15可能。 仕様用途 増
5 製品が非常に深く、板絞りでは工程が多く、金型費加工費が合わない。 深さにかかわらず絞り工程1回。
また高速自動モードで100回/分絞ります。
金型費ダウン
加工費ダウン
ショックラインなし。

 

インパクトプレス加工の流れ

インパクトプレスは、別名、衝撃押し出し加工と言われています。これは、強い圧力で、アルミの塊(スラグと言います)を押し叩き、成型する加工法です。
アルミは延びやすい性質を持っているので、強い圧力を一度に与えると、プレスした側に粘着します。

 

アルミニウムスラグ

アルミニウムスラグ(アルミニウムの塊です)

 

インパクトプレスは、別名、衝撃押し出し加工と言われています。これは、強い圧力で、アルミの塊(スラグと言います)を押し叩き、成型する加工法です。
アルミは延びやすい性質を持っているので、強い圧力を一度に与えると、プレスした側に粘着します。 アルミニウムスラグ
アルミニウムスラグ(アルミニウムの塊です)
よーくホイップした生クリームに指を突っ込むと、生クリームが指にまとわりつくでしょ?
あの原理を利用しています。

インパクトプレス一回で、成型加工品を作り出す事が出来ます。

アルミニウムスラグをダイ(メス型)に押し付けパンチ(オス型)により加工します。

 

ダイ(メス型)

 

パンチ(オス型)

ダイ(メス型)   パンチ(オス型)

 

ダイ(メス型)

 

パンチ(オス型)

プレス機に装着

 

実際の加工を見てみましょう。

プレススタート

 

プレススタート
パンチがダイに向かって下がります。
スラグはダイの穴に入れてあります。

 

下降途中

 

下降途中

 

プレス終了

 

プレス終了
(速度が速すぎてプレスの瞬間は捕らえられませんでした。)
パンチの下の部分の色が変わっているのがお判りでしょうか
その部分が製品です。

 

製品を落とす

 

パンチが戻る際に製品をアタリに当て、エアの吹き付けで製品を落とします。

 

製品完成

 

製品完成です。
円筒形製品が1工程で出来ます。

 

四角形や異形などにも利用できます。
アルミケースやキャップなどを当社では加工しております。

 

アルミ加工に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽に